エクシード

『白の世界』の役割とお勧めエクシード

更新日:

黒の世界編と同じくEVE及びエクシーズ重視です。

白の世界は他の世界と比べて「鉄板構成」と呼べる物が無かったのですが、今ではCB力をアップ出来る【助勢】や攻撃を無効化出来る【障壁】のコスト軽減クォーツも実装されたことで汎用性が高く、強襲率も他色に比べて高いこともあり、EVEにおいては最も重要な世界となりました。

最上位の一閃も何度も再販されるなど、集めやすくなったので今では多くの人が採用しています。

水着リン

一閃がなく、仕方無く背水を継承した図。無限はおろか絶世すら貴重な時代がありました。

更新履歴

  • 全体を加筆修正(2017年11月1日)
  • 加筆修正(2017年6月27日)
  • エクシードを追加見直し(2016年8月26日)
  • 全体的に加筆修正(2016年7月27日)
  • ページを公開(2016年4月26日)

白の世界の特徴

白の世界のステータスの特徴は他を寄せ付けないスピード。他のステータスは平均的なのでスピードを活かしたエクシードを使うのが良い。

そして実は他色に比べて命中率も高い。通常攻撃で外すことはほぼないと考えて良い。

最速の決着

先制で数的優位に立て!

通常エクシーズでの役割

単騎投げによるコンボをしつつ確実に削ること、防御時に敵の攻撃を跳ね返す為の防衛力強化。

スピードが高いので先制攻撃出来る可能性が高く、単騎投げでも確実にダメージを与えられる。爆撃や覚醒体系を継承すると確実に敵の札を削ることが出来るようになるので単騎投げの札としては非常に優秀。

また防衛力の強化と表現したが、敵軍に白が多いときにダメージを与えることなく戦闘が終わるシーンを見たことあるだろう。白を相手にする場合は、単騎投げではダメージを与えるのが難しく、2枚投げしてもダメージ0で終わることも多い。このように厄介なので編成に数枚置いておくと被ダメージを最小限に出来る。

また、【時粒子の助勢】や【光粒子の助勢】のおかげでCB力も格段に上がった。助勢を利用した先制攻撃で撃破も狙える上に、強襲で高CBも期待出来るようになったことで白の欠点は克服された。

EVEでの役割

EVEでの役割は後衛としてのリンク配布と、防御時の防衛力強化が主だったが、今ではメインのCB役も張れる。スピードの速い白はCB力の確保の為の助勢がそのまま殲滅にも使え、攻撃を無効化する障壁とも非常に相性が良いため、何でも出来る札となった。

また防御時には、先制攻撃で相手を削ろう。EVEなどのガチ戦では常に良い状態で攻撃出来る訳では無いので先制攻撃出来る利点は大きく、爆撃で相手の不死や障壁を削ったりすることで相手の戦術を崩すことも出来る。

アクションとの相性

攻撃力は直近では大分上昇しましたがまだ少し低め。防御力が最低クラスなので、ガードアクションの恩恵を少々受けにくいがスピード系のアクションは少ない枚数でも効果を発揮する。

特徴的な&好まれるエクシード

  • 一定確率でクリティカルCBにも効果的な「一閃系
    無垢なる一閃,絶世なる一閃,無限の一閃,真理の一閃など
  • 赤緑黒に続き白にも実装された「助勢系
    光粒子の助勢、時粒子の助勢
  • 範囲攻撃「爆撃系
    指定座標爆撃ver.1~5など
  • 敵の動きを制限する「状態異常系
    装填・大装填・最大/睡眠・麻痺・毒・沈黙など
  • 特定のプログレスを狙い撃つ「集中攻撃系
    集中攻撃/背水など
  • 敵の攻撃を無効化しつつ反撃「回避反撃系
    限界突破体系,覚醒体系など
  • 敵の物理攻撃を一定回数無効にする「障壁系
    無力化障壁ver.1~3
  • ステータスアップ「バフ系
    情熱,烈火,覇気,攻撃特化,希望など

各種エクシード評価

一閃系

一閃は発動時ダメージ2倍、クリスタルブレイク値2倍のエクシード。発動率は上から50%,40%,30%、シンクロによる上昇は1あたり1%という説が有力。

一閃の上位である【烈閃】は発動時超クリティカル攻撃(倍率は…分かり次第)発動率も上がっているようで恐らく60%。

両方とも、クリスタルブレイクに乗る

公式で発表されているとおり、一閃と烈閃は同時継承した場合、別エクシードではあるが抽選も発動も烈閃が優先され、一閃は発動しません。

該当エクシード

  • 白晶の烈閃(コスト4)
  • 真理の一閃(コスト4)
  • 無限の一閃(コスト4)
  • 絶世なる一閃(コスト3)

評価

EVEなら必須。助勢と組合せればある程度の河童は貫通も期待出来る。普段のエクシーズでもやはり欲しいが殲滅重視でつけずにいても良いが、基本的に強襲率が高いのでその点ではやはり付けるべき。

基本はCB用と割切ってよいが最速で叩き込まれる「真理の一閃」だけは発動率も高くそれなりに効果的だが【時粒子の助勢】があればそちらの方が良いでしょう。

単純に威力だけなら爆撃も有効なので好みでシンクロを振ろう。

爆撃系エクシード

上位エクシードになるにつれてコストと威力が変動。命中率は一律70%80%(※)でシンクロレベル1毎に1%上昇の説が有力。クリスタルブレイクには乗らない

威力はver.1で中心部100%、両脇は中心部の30~35%。レベルが上がるごとにコストと中心部威力が20%程度上昇する。

※爆撃2と5で検証した結果、命中率80%程度の模様

該当エクシード

  • 指定座標爆撃ver.1(コスト1)
  • 指定座標爆撃ver.2(コスト2)
  • 指定座標爆撃ver.3(コスト3)
  • 指定座標爆撃ver.4(コスト4)
  • 指定座標爆撃ver.5(コスト5)
  • 灰色の鱗殻(コスト4:ver.4互換)
  • 飛散する青華(コスト5:Ver5互換)
  • 指定座標爆撃Ωver.5(コスト4)

評価

単騎投げで非常に有効、ver.4以降の爆撃はコストが高く少々扱いにくいが単騎投げ目的なら最優先エクシード。

防御手段としても有効で、特にアクションが有利なときに爆撃を撃たれると被害は甚大。相手の攻撃時にも殲滅が捗るので強襲率の上昇が期待出来る。

外すことが多いのが玉に瑕だが中心部を外しても両端のダメージがそこそこ出るので最悪の事態はあまり多くない。

下位の爆撃を使う場合はダメージ目的ではなく攻撃をばらまくつもりで。装填系の状態異常を乗せたり、青の追撃エクシードと組み合わせたり…両端のダメージはどちらのエクシードにも有効なのでヒット数が増えれば増えるほど有効だ。その他には不死や無力化障壁を消化させる目的で使うと良いだろう。

状態異常系

攻撃に状態異常を付与するエクシード。爆撃や一閃などの物理攻撃エクシードには乗るが反撃エクシードには乗らない。装填・大装填・最大装填がある。

該当エクシード

  • 装填/麻痺(コスト1)
  • 大装填/麻痺(コスト2)
  • 最大装填/麻痺(コスト3)
  • 装填/睡眠(コスト1)
  • 大装填/睡眠(コスト2)
  • 最大装填/睡眠(コスト3)
  • 装填/沈黙(コスト1)
  • 大装填/沈黙(コスト2)
  • 雷光穿槍(コスト3:最大装填沈黙相当)
  • 装填/毒性(コスト1)
  • 大装填/毒性(コスト2)

沈黙と睡眠の持続時間は1ターン、麻痺は1~3ターンと拘束時間が長いがその分成功率に難あり。毒は3ターンの間最大HP10%の継続ダメ付与。

評価

状態異常に期待して使うなら「最大装填」を継承しよう。低コストの「装填」はとりあえず付けるエクシードがないときや余りリンクの受け皿にしよう。

先制攻撃で状態異常をかけられれば強力だが、どうしても運が絡むのが難点。

最近は緑が低コスト且つ全体にばらまくことが可能になったため、そちらに任せた方が無難。爆撃と相性が良いが五体出しになるとリンクポイントの振り分けが難しいのも辛い。組み合わせるなら爆撃1~2と組合せよう。

AAAで使うなら相手の計算を崩す目的、格上相手に博打打つ目的で。状態異常の中で毒だけは非推奨です!

集中攻撃/○○系

該当のプログレスを狙って攻撃するエクシード。一閃系や爆撃と同時発動する。

攻撃倍率は集中攻撃は1.1倍、一点突破は1.3倍。敵の挑発系エクシードは無視出来るが、守護系は無視出来ない。

該当エクシード

  • 集中攻撃/麻痺(コスト1)
  • 集中攻撃/背水(コスト1)
  • 集中攻撃/弱体(コスト1)
  • 一点突破/弱体(コスト2)
  • 集中攻撃/碧紺(コスト1)
  • 一点突破/碧紺(コスト2)
  • 集中攻撃/漆黒(コスト1)
  • 集中攻撃/紅蓮(コスト1)
  • 一点突破/紅蓮(コスト2)

緑と白を対象にした集中攻撃は未実装。

推奨エクシード

  • 集中攻撃/漆黒
  • 集中攻撃/背水
  • 集中攻撃/碧紺
  • 一点突破/碧紺

汎用的に使える背水、EVEで効果的な青と黒狙い。

但し、【集中攻撃/漆黒】は最弱コラボのセリスのみが所持しているエクシードなので貴重。

評価

目的をもって使うことで効果を発揮するエクシード。EVEのように相手がメインで投げる札がある程度決まっている戦いでは一定の効果が期待出来る。

集中攻撃/背水はRエクシードの中で最も効果的なエクシードの一つ。ターンの始めに叩き込んで確実に落とせれば戦闘が優位に運びます。

Spが高い白と相性が良いので困ったら背水をつけておくだけで一定の効果あり。所持プログレスのレアリティが低いので気軽に付け替えられるのが良い点ですね。

回避反撃系

相手の攻撃を回避及び反撃するエクシード。反撃に状態異常や追撃は乗らない。

該当エクシード

回避
  • 攻撃予測体系(コスト2)
  • 未来予知体系(コスト3)
  • 体系/無限演算(コスト3)
反撃
  • 反撃体系(コスト2)
  • 迎撃体系(コスト3)
  • 機械の叛逆(コスト3)

攻撃を受けた際に一定確率で反撃をする。

回避反撃
  • 限界突破体系(コスト3)
  • 覚醒体系(コスト4)
  • 体系/全知全能

評価

回避反撃系はスピードが高いと発動しやすいと通説がありますが、しっかりと検証はされていないと思います。

スピードが影響を与えるのか、それともスピードやインスピアクションに補正があるのかも分かっていません。

回避系

【体系/無限演算】で発動率30%程度とやや安定しない。使われると嫌らしいエクシードなのだが使いづらい。おまけエクシードとしては優秀だが確定で無効化するエクシードがある以上は4割は越えてくれないと難しい印象。バフなどで防御を固めたりした後には有効に働くだろう。

現状での用途は単騎出しの安定化。【未来予知体系】ならば初期ADAMボスのレティシアを取って継承出来るのがお手軽で良い点。

反撃系

反撃は単体で使用すると脆い白には少々合わないエクシードです。最上位の【機会の叛逆】は40%の発動率とみられていますが、発動前に死ぬことも多々あります。

回避系より確率が高めに設定されているが、攻撃受けて死ぬと発動しないので実際の発動率は低め。古くからやっている人ならばSRセニアで発動に期待出来ないことを学んでいるであろう。

但し、無力化障壁で無効化した攻撃に対しても反撃が発動するので相乗効果がある。ただ、組み合わせて使うかと言われると普通は枠が足りないので使いません。

回避反撃

回避反撃はコストに見合った強さ。特に覚醒体系は驚異的でシンクロを振れば発動率は3割近くあると思われます。体系/全知全能に効果アップクォーツをつければ4割強は発動するのでこの系統では間違い無くトップクラスです。

障壁系

敵の攻撃を一定回数無効化するエクシード。

「無力化障壁ver.2」は実装当初はコスト6,発動上限一回のみだったが、バグによりコスト4で二回発動することが判明。その後バグが仕様となって株が急上昇したエクシード

該当エクシード

  • 無力化障壁ver.1(コスト3) 発動上限3回
  • 無力化障壁ver.2(コスト4) 発動上限2回
  • 無力化障壁ver.3(コスト5) 発動上限1回
  • 勇気の音符(コスト5) 発動上限1回(ver3互換)

ちなみに障壁3と勇気の音符は同エクシード扱いで両方合わせて発動上限1回です。

評価

AAAでもEVEでも活躍出来る強力なエクシード。難点は入手難度、白艦隊を組みたい人は再販したら必ずゲットしておこう

攻撃の強弱に関係無く、シャットアウト出来るので個人戦終盤での発動は勝負を決定づけます。

最近はEVEでの助勢を維持するために初ターンから振られるようにシンクロを調整する運用が多いです。ピコクォーツでコストが2減った状態の無力化障壁ver2の使い勝手の良さは随一。

立石

フル投げ時には二回に一回は無傷で帰ってくるので助勢発動状態で何度も繰り返し投げることが出来る。

バフ系

最近のAAAの主流です。2016年正月振り袖ユフィが「勇気・白」。複数枚入手出来たことから前回のAAAでは流行りました。

通常エクシーズで使うのは色バフに加えて「超攻撃特化」。攻撃超UP防御DOWNの効果で単騎特攻役として爆撃と組み合わせて使われることが多いです。12コストSRなどで配られたりするので、手軽に継承出来るのが良い。

効果が重複するので重ねがけされると手が付けられなくなります。ネプテューヌコラボで「希望・白」が再実装されたので、構成は更に自由度が増して次回のAAAでも中心になりそうです。

評価

AAAで勝ちたいなら必ず集めよう。通常エクシーズであれば他のエクシードの方が優先するが・・・入手難度的に付け外しし辛いのが難点。

EVEでは不要なエクシードなのも悩みどころ。

白真理が出てきたこと、白がデッキに増えるであろうことを考えると選択肢としては有りだが、緑の全体デバフもあるので他のエクシード優先の方が良いだろう。

お勧めエクシード構成

まず始めに、初期エクシードや一閃系を無理に活かす必要はないのでエクシードの総コストが10を越えても構いません。

活かせるなら活かす、という程度に考えましょう。

単騎投げ用

通常エクシでコンボを繋ぐ際には単騎投げが多い。白の世界は単騎で最も戦果を得やすいので単騎投げに特化するのもよい。

爆撃や覚醒体系は単騎投げとしても性能が高く、汎用的でもある。

推奨エクシード

エクシーズ全般で言えば以下のエクシードがお勧めとなる。

  • 一閃系
  • 時粒子の助勢
  • 指定座標爆撃3~5
  • 覚醒体系(限界突破体系)
  • 無力化障壁1~3
  • 愛や攻撃特化などの単体バフ

余っているエクシードや消しても痛くないエクシードを優先して継承してもよい。

エクシード構成例

  1. 時粒子の助勢,白晶の烈閃,無力化障壁ver.2(軽減大クォーツ付き)
    理想型。これで投げてれば殲滅もポイントも取れなきゃ嘘です。
  2. 時粒子の助勢,真理の一閃,指定座標爆撃2~3or覚醒体系
    理想的な組合せ。助勢はCB用として割切っても良いが素早い白ならば助勢は充分に活かせるので助勢の乗らない爆撃よりも覚醒体系にするのもお勧め!
  3. 一閃系,覚醒体系,指定座標爆撃4~5
    助勢を乗せられない場合はこれが鉄板。とりあえずどこでも役に立つ覚醒体系と強力な爆撃で汎用性は抜群。
  4. 一閃系,覚醒体系,無力化障壁ver.2
    AAAでも活躍する無力化障壁はEVEや通常エクシーズでも強い。覚醒体系と絡めて発動チャンスを増やすのもあり。ちなみに避けても障壁の無効回数は消費します。
  5. (初期エクシード),一閃系,色バフ
    デッキに白が多いならば良い組合せだろう。EVEで推奨される構成では活かしにくいので構築難易度が高いのが難点
  6. (初期エクシード),一閃系,集中攻撃/背水
    集中攻撃背水はコストが1なので非常に使いやすい。昔は結構鉄板でしたね。今でも十分使えます。スピードの高い白には相性抜群なので先制攻撃して数的優位を取れ

とにかく、覚醒体系と爆撃4以降の汎用性が高い。困ったら付けておけば間違いは無いが高レベルの爆撃や助勢は集中攻撃/背水と同時発動すると相性が悪いのでそこだけ注意しておこう。

今時は助勢で先制パンチ、障壁でしぶとく残るというのが鉄板。覚醒体系と爆撃は今でも強いが少し時代遅れかもしれない。

シノンエクシード構成

覚醒体系と絶世を継承したシノン。EVEでの不採用だったので一閃を妥協

その他の世界について

『青の世界』の役割とお勧めエクシード

アンジュにおいて非常に人気の高く殲滅の要である「青の世界」プログレスのお勧めエクシードを紹介します。

続きを見る

お勧めエクシード 黒の世界編

今回はエクシーズにおいて非常に重要な「黒の世界」のお勧めエクシードを紹介します。

続きを見る

『赤の世界』の役割とお勧めエクシード

最高のガードを誇る「赤の世界」プログレスのお勧めエクシードを紹介。

続きを見る

当記事

黒の世界編と同じくEVE及びエクシーズ重視です。 白の世界は他の世界と比べて「鉄板構成」と呼べる物が無かったのですが、今 ...

続きを見る

-エクシード
-

Copyright© アンジュ・ヴィエルジュ ガールズバトル アプリ攻略ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.