初心者向け

BP回復計算式及び餌作りについて

更新日:

効率的な餌作り

レアリティ毎にメジャーな餌の作り方を紹介する。

まずプログレスを合成する際に経験値が上昇する条件を確認しましょう。

  • レベルが高い
  • 覚醒回数が多い
  • レア度が高い
  • 親密度が高い
  • ベースとなるプログレスと同一世界
  • ベースとなるプログレスと同一カード
  • 「目覚める可能性」系統のエクシードによる効果
  • サークルアイテムの効果

これについてはアンジュアプリ内のヘルプに記載があります。意外と知られていないのは同一カードボーナスと親密度ボーナスあたりでしょうか。

同一カードボーナスと同一世界ボーナスがあるため、低レベルの場合は覚醒させてから特訓PAOを合成するよりも、特訓PAOを食べさせてLvを上げてから覚醒素材とした方が結果として美味しいことがあります。

以下の具体的な方法例では特訓MAXのサークルアイテムを装備したサークルを前提で記載します。

SRプログレス

『SR覚醒ループ法』がお勧めです。

ガチャを引きすぎて余ったSRプログレスやイベントで大量に手に入ったSRプログレスなどはかなり優秀な餌となるので、有効活用しよう。

もちろん売却してPAOクリスタルにするのも一つの手です。

お手軽な方法

とにかくSRのLvを上げること。SRは素の回復量が多いので、Lvを上げて合成や覚醒させるだけで大量にBPを回復出来る。

※このやり方をする場合には継承用として合成する際、もしくは枚数の少ないSRを餌とする場合のみにしよう。

SR(Lv1)+特訓PAO*4=SR(Lv20)
※特訓PAOは同一世界

Lv20に到達したSRはBP150回復。親密度を上げてSR+にして合成すればBP225回復

しかしこのやり方では少し問題が生じる。

  • BP225回復ではフル餌としては少し不足
    古参ともなるとBP350を越えた人が多いでしょう
  • 親密度を上げる高レベルギフトが足りなくなる恐れがある
    エナドライベントが実装されてLv4ギフトの有効な使い道が出来てしまった

もし大量に同じSRがある場合にはSR覚醒ループ法を使おう。ギフトを消費しないので気軽に出来る。

SR覚醒ループ法

同じSRを大量に使い、無凸SRに1凸SRを食わせ続ける方法。シンプルで同じ作業を繰り返すだけなので楽。

この作り方はレイドイベントなどでSRが10枚以上手に入った時に有効です。

用意する物

SR(大量)、1凸SR(Lv23程度)、特訓PAO(大量)
※SRは全て同じSR、特訓PAOは同一世界でなくてもよい

覚醒対象さて今回の餌は

手順
手順1:SR(Lv1)+特訓PAO=SR(Lv10)

他世界の特訓PAOの場合、合成結果はLv9となるが影響はない。

セレスティア

選んだプログレスに他意は無い

手順2:予め用意した1凸SR(Lv23)を素材にして、手順1で作ったSR(Lv9)を覚醒

BP330回復且つ1凸SR(Lv23)が完成

セレスティアさん

Lv10+1345%=Lv23

手順3:手順1に戻り、繰り返す

一度1凸SR(Lv23↑)を作成すれば同じSRがある限り、BP330薬としてループ出来る。

覚醒素材SRのLvを過剰にあげておけば回復量及び経験値が増えるので、最初に用意する1凸SRをLv27程度まで上げておくのも良い。

次ページはHRプログレスの覚醒法について紹介する

次のページへ >

-初心者向け
-,

Copyright© アンジュ・ヴィエルジュ ガールズバトル アプリ攻略ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.